TEAL BLOG

荷物を整理していたらいままでの資料たちがわんさか出てきました。これからいろいろと、そんなフライヤーやら、企画書やらを元に、その夜何が起こったのかとか?ブログに載せて行きたいと思っていますがまずはこれ。YELLOW MAG。

MAG.jpg写真たちA.jpg
毎月よく読んだよね。裏の特集も可愛かったし、1月のカレンダーとかも懐かしいね。で、もう一つの写真、真ん中は昔のEMMAHOUSEのフライヤー。この頃、EMMAHOUSEがフライヤーをエントランスに持ってくる率(ディスカウントあるんだよね)が一番高かったよ。たしか。NITELISTMUSICでの私の最初の頃の名刺も出てきたり!左はKEEP IN TOUH BODY TO BODYのMELIS'A MORGAN、下はJOCELYN BROWN、右上はGOLDクローズ翌日の昼間のエントランス付近での写真ですね。いつもGOLDの狂乱の夜が終わり、朝日を浴びながらこのあたりでみんなタクシーを待ってたものでしたな。あの頃はタクシー足りなくてあんまり芝浦まで来てくれなかったんだよねー。下はね、よく見えないけどGOLD DJブースからの写真。こういう物が発見出来るのは紙焼きの写真の良さかな?いっぱい出てくるネガとか。あっ、ネガって何?って言われそうだよね。きゃー。

新たな飲む場所が有楽町交通会館B1Fにオープンした。その名も有楽と書いて「うらく」と読むそうです。プレオープンの日に遊びに行ってきました。まず、交通会館のエントランスがあまりにも昭和レトロで驚き!45年前にオープンしたそうです。で、その中でもB1Fは少しあやしい昭和の匂いがもっと濃くなってました。そして、有楽はこんな感じ。
有楽表.jpgメニュー.jpg
隣は45年間続いてる、歌える居酒屋「本日開店」。名前が凄い!
隣の本日開店.jpg
MUSMUS、ライムライトの佐藤氏が手がけてるのでDEEPな事はまず、間違いない。そして、また新しい秘密のスポットとなるのであろうか?日本酒がメインのこのお店。お腹がすいたら近所のお店から出前を取って食べるという事で、中華屋さんから名物!みそ焼きそばを注文。おおーっ。初めての味です。総てにおいてかなり上級者向きかもしれないが、一度はまったらやばそうである。今度、私と日本酒飲みに行く人、メールくださいねー。
初緑.jpg
店内.jpg焼きそば.jpg

もう夏なんですか?梅雨前でしたよね?毎日あまりにも気温が変わるのでどうしていいかわからなくなってしまいますよね。しかし、なんとか乗り切ります。気力で(笑)そんな私にMAXのエネルギーを与えてくれるもの、それはやっぱり音楽とCLUBでしょう。今晩は私の大切な、大好きな、NITELIST FAMILYと一緒に過ごし、元気になりたいと思います。今夜のTROUBLE HOUSE
イメージ3.jpgIME-JI 4.jpg
もちろんメインフロアの音楽担当EMMAを中心にLJ AIBAVJ NAKAICHI、そしてラウンジではK-SOBAJIMA、YOHEY SUZUKI、NAKOも参加。みんな、今晩まってるよ!
052011IAMGE02.jpg

今週(5/09〜5/15)の丸の内ハウスは雑誌サライとのコラボ企画、その名もサライが出会った新•銘酒「岐阜九蔵」進行中。これは何かと申しますと、岐阜県の9社の酒蔵が水、酒、食をテーマに始めたプロジェクト。今まであまり知られていなかった岐阜の新しい魅力が満載なんです!初日にはMUSMUSにて「岐阜九蔵」発表会、飛騨牛パーティが行われました。この大盛況ぶり!凄かったです。なんと県知事もいらっしゃいまして、スピーチも!美味しい食材とまろやかで美しい日本酒を堪能させていただきました。限定のお酒のボトルデザインもかなりかっこいいんです。今、特に欧米では日本酒が本当に愛されております。私たちよりも知識がある方達も多いですよね。日本の各地の文化、そして水、食もこういう事をきっかけにいろんな人に知ってもらって守って行きたいですね。是非各店の特別メニューとお酒を堪能しに来てくださいませ。
IMG_0794.JPGIMG_0799.JPGIMG_0802.JPG
IMG_0787.JPGIMG_0810.JPGIMG_0773.JPG
IMG_0807.JPGIMG_0788.JPG大根.jpg
IMG_0801.JPGIMG_0804.JPGIMG_0800.JPG

音楽を楽しみたい人にとって今週はまさにGOLDEN WEEKだよね。
本日開催のSURVIVAL DANCE @WOMB(タイトルもアートワークも個人的に大好きです)、明日はD-NOX @ ageHaかー!4日はLEN FAKI@ELEVENMINUS CREW総出演@WOMBあるしね。そして、みなさん土曜日はageHa ULTRA MUSIC。アゲハの空間でGOLDE WEEK最終日を満喫してくださいね。ウィリアム王子の結婚式では最初の式から始まって夜は宮殿内にディスコルームが設置され、夜通しダンスパーティもあり、そんなずっと続くパーティをすべて出席した人のみが最後、王子と朝食を一緒にいただけるってTVで言ってた。SURVIVAL PARTYと呼ぶらしい。さっすが、英国の王室はいけてますね。私、朝食をともに出来る自信めっちゃあるんですけど!
では、私たちは東京のSURVIVAL PARTYをENJOY!
最終日アゲハにてお待ちしています。たまにはデニーズで朝食もいいよね!(笑)
そしてまさにそんなG.Wのまっただ中、聞きまくっているMIXが2つある。DJ EMMAのものなんですが、1つ目は2000年の作品"VIVA! EMMAHOUSE"。
VIVA!.jpgこれがね、最近みたいな暖かい季節に聞くと何とも最高なんです。8曲目のWELCOME TO SAMBATOWNなんて、G.Wのための曲?という錯覚さえもしてしまう。ははー。
こんなコメントもあるよ。とにかく心地よい高揚感に持って行ってくれる。この時のツアーの事や、ヴェルファーレでPLAYしたリリパの事や、表紙の女の子のオーディションの事など、いろいろ思い出しだしちゃいます。とにかくこのMIXCDは今聞いてもとても新鮮。永遠かも。すばらしー。
あと、前回のレターにも書きましたがSOUDCLOUDのMIX
SOUCLOUD.JPG
これも凄し。まずは冒頭で使ってるLOLEATTAのLIVE録音版の曲。これは3月にWOMBでPLAYしたときにも(ちょうどロレッタが亡くなった週だったんですよね)このレコードを使って壮絶なミックスをやってたんだけど、さすがにロレッタ世代の私も”あれは?なんだったの????”と思わず質問したよ。今売ってるんだったら絶対買ってるでしょうねー。そのあとも特に最近の軽ーく聞き流す事が多い人たちに、ゆっくりと一度聞いてもらいたい。およそ2時間が選曲もMIXも丁寧に作られています。あと、最近DJ EMMAがかけてるレコードでこれまた凄いのがある。これ。レコード.JPG
なんと、逆向きに溝が掘ってあるらしい。何??どういう事?しかもSCI+TECが出してるVINYL。まだまだダンスミュージックの現場は驚きと楽しさに満ちている。やっぱりまだまだやめられないのでございまする。

IMAGE1.jpg今週の後半からGWに突入。しかも、今年は上手く休日をやりくりすれば10日間もお休みがとれるー!という事らしいが、震災の影響もあり、旅行よりも被災地でボランティア、とにかく節約という声もあったりして、とにかく海外旅行へ行くぞっていう通常の年とは少し違うようである。しかし、いつになっても変わらないものもある。それはダンスミュージックの現場の、それもダンスフロアの内容への姿勢というものだ。今週AIRにて開催されるDJ WADA X DJ EMMAという組み合わせ。すごく普通のようでいて実は東京では初めて。PARTYサイドにいる私でさえ、なんだか今から緊張してしまっている。WADA氏においては、まだかっこいいDISCOが東京の夜を賑わしていた70年代から現場経験を積み、しかし、いわゆるそういうDJにはならず、また外に露出する事よりもどういう音楽を今晩はかけるか?という事のみに対して仕事を続けてきた数少ない東京の職人DJである。とくにテクノというジャンルを考えたときにWADA氏とMANIAC LOVEがなかったら東京はどうなっていたんだろう?と思ってしまう。結果的にいろんな意味でDJ EMMAのDJへの姿勢と限りなくリンクする事が多いのだ。それにしても本当にいけてるお店とは何なのか?常に考える事だけど、私の一番好きなのは毒のある、夜にしか会えないようなあらゆる人がその日偶然に同席し、同じ時間を共有する。その時に、いや常に音楽はかっこ良くなくてはいけない。それは良いクラブやDISCOや、BARの鉄則だと思う。それが外れたときにそのお店はどんなに内装が豪華でもBクラスに下がってしまう。反対にどんなに内装がシンプルでもセンスとすばらしい音楽があればトップクラスで、歴史を作るお店となれる可能性があるんでしょうね。28日の夜、AIRにてテクノとハウスというジャンルがどういう形で融合するのか一音も逃さないつもりで聞き、楽しみたいと思います。待ってますね。そんな夜の支度をするときに是非活用していただきたいのがTEAL WEBのDJ EMMAのプロフページ、左から二つ目のSOUDCLOUDにてDJ EMMAのMIXが聞けますよ。ENJOY!

震災について、いろんな人たちが国を超えて支援を考えてくれている。丸の内ハウスのDJブースでは、今後どういう活動が出来るんだろう?と悩んでいるのですが、そういう時に私の周りの音楽関係者たちのそれぞれにすばらしい支援の形を見て、刺激を受けています。まずは、SOULAID
soulaid_logo_b.jpg
タイトルがまず、かっこいいと思ったんです。DONATIONもWEB上で出来て、音楽で何か出来ないか?とすごく考えて作ったんだなーと感じました。ここまでにするって実はすごく手間と、熱意が費やされていると思うのです。まだ何も出来ていない私としては素直に感謝とリスペクトです。そして、先日AIBAとMUMANがDUBFIREとSESSIONしてきたTIMEWARPでは、SVEN 様がプレイ中に映像で日本の国旗とメッセージを出してくれました。

このYOUTUBE画像の後半で出てきます。凄い事ですよね。泣ける!そして、さすが!
WOMB VOIVCEではAIBAとMNUMANのインタビューも見れますよ。
なんだか、ダンスミュージックのシーンに居て良かったなーって思うよね。あとはね、先週土曜日にUNITED ARROWS 原宿店のB1のDJ BOOTHで行われたDJイベントにも行ってきました。
アローズ.JPG
趣旨は東日本大震災、被災地応援プロジェクトで、音楽好きが集まって、楽しいひと時と空間を創造し、来店(来場)される方に元気になっていただき、東京の消費活動を活性化し、被災地にドネーションしよう、という事でした。おしゃれな空間とLIVEの音楽で本当に癒されました。まずは丸の内ハウスのDJブースも募金箱から始めたいと思います!
あと、先日、ある友達のお別れ会があり、みんなが集まった時に受け取ったメッセージはLOVEでした。彼が好きだったLOVE GENERATIONをみんなで聞きました。改めて、音楽を通して感じられる事や伝えられる事をまだまだ頑張んなきゃですね!

実はもう、何度か書きましたが、4月2日の週末にTIMEWARPという屋内型ビッグパーティにてLIGHTING AIBAがドイツデビューしてきました(拍手!)VJはNUMANですー。DJ Dubfireのところでスペシャルセッションさせていただきました!TIMEWARPのサイトには彼の音楽の事を"JET BLACK POLISHED-CHROME TECHNO"と書いてますね。かっこいい表現です。昨年もこのパーティには行ったのですが、照明やオーガナイズのクオリティの高さと、ヨーロッパの人たちのパワーとエネルギーにやられて、(絶対にまた行きたい!)と思っていたのが、今度は仕事で訪れる事が出来るなんて本当に最高の気持ちでした。もちろんAIBAの時間は感動ものでした。すばらしー時間を過ごさせていただきました。このSESSIONが終わった後は気持ちのよい疲労感と、AIBAの「あー!2時間短ーい!」という叫び声を聞きながら、とにかく踊ろう!と。各フロアすべてがトップDJという事で、どこに行こうか迷うというこの贅沢な感じ。LEN FAKIもまー、それは凄かったですし、SVENのレコードによるプレイの音はとにかくゴージャスでした。やっぱレコードはすごい!という事と、この日、踊るためにヨーロッパ中から集まった人々を納得させられるDJという仕事は本当にタフな現場だなーと、改めてこの仕事のすばらしさとハードさを考えさせられたよ。ドイツとマンハイムとtimewarpそしてDubfire & bullittbookingの皆様に感謝!来年もまたあの照明が見たい!と呼んでもらえるように1年頑張りまーす。ここでもレポートが見れますよ!→WOMB VOICE


AIBA TW1.JPGAIBA TW 2.JPG
ALI TW 1.JPGAIBA TW3.JPG

SAKURA.JPGあっという間に桜は満開になって、私たちの感情をいたわるように、励ますように咲いていると思ってしまうのは私だけでしょうか?昨晩、大きな余震がありました。また?おもわず天に文句言いたくなってしまった。少しだけ普通に戻ろうとしていた気持ちを打ち消されそうで、怖かったんです。そして、私たちは自然に生かされているんだなあと改めて思いました。大きな力の中に生きていて、そのすべての尺の中でこれはほんの一瞬なんでしょうね。しかし、一瞬だから何をやっても良い訳ではなくて、その一瞬にも全精力をかけたものだけがずっと残って行くのではないのでしょうか?この1ヶ月で自分に問いかけて決めた事があります。それは、毎日を精一杯生き抜く事でございます。そして今まで怠っていた事もやろう!と。なので、まずは日曜日の東京都知事選ですね。何故?この人が?もしくは、またあの人ー?といろいろな人が立候補していますよね。特にこんな大変な時期に4年間もやりきれるほどの体力があるのか心配な人も居る。私は一番大きなエネルギーと誠意があると思える人に投票します。権力のみが好きそうな人は絶対にいやです。東京は日本の中心地です。今後の経済を立て直し、東京の文化を、経済の中心地を守って行ってもらいたい。この小さい国だから出来る地方との連動をもって、助けが必要な人を支援できるベースを作るためにも。ダンスミュージックの現場も観光業の一環として東京の産業に携われれば良いと切実に思います。今週土曜日にパーティがあるから日曜日の昼間は無理って人は、前日まで期日前投票が出来ます。これはまさに私たちの生活のために必要な投票です。クラブに来ている音楽と平和を愛する若者たちに次の東京を作って行ってほしいので是非、みんな投票よろしくね。

音楽に向き合う形は人、そして場所によってそれぞれだと思う。じっくりコーヒーを飲みながら家の中で味わいたい音楽。電車の中で人に迷惑かけないために耳に入り込んだヘッドフォンから現実逃避のために聴きたい音楽。待合室でなにげなくかかっている音楽。ラジオから流れる音楽。コンサートで席に座って聴く音楽。様々な形があって、どれもがそれなりに意味があるし、必要なんだと思う。私は良質でしかも大きな音で体が包まれる音楽を聴くのが大好きだ。特に世界中のリズム感に優れた人達によるダンスを考えると、私の動きはダンスと呼べないと思うが、しかし、音楽に合わせて体も自由になれる事が私という人間にとって一番心地よい瞬間。完全調和?の瞬間だ。
解き放たれるという言葉が最も適切なのかな?
もちろん変な音楽だと、調和しないし解き放たれない。
DJの選曲のセンスとMIXという作業が優れていると、この調和を自分が思っていた所よりも上?へ連れて行ってくれて、そうすると一瞬意識を失いそうになるくらいの幸福感を得てしまう事がある。音楽はすごい。しかも、これは一人だと成立せず、ある程度の人が集まる事でよけいに楽しくなる。なんなんでしょうね?決して怪しいもんでも、人に害を与える事をしているとは絶対無いと私は言い切れるよ。しかもダンスミュージックは人間が地球に居る限り無くならないものだと確信している。
今晩のTROUBLE HOUSE SPECIALは、3/11から続いている数々の事故、事件によってアーチストが来日出来なくなった事により急遽決定した。今まさに、日本のアーチストたちが支える時だね。音楽によって解き放たれたい人は是非、今晩のWOMBで一緒に音楽に身を委ねて、明日を乗り越えて行く心の糧にしていただけたらうれしいです。照明などは節電のために少しいつものようには出来ないけど、ハンデがある分、AIBAのミニマルな美学を見たくなるしVJ NAKAICHIがどんな画像を届けようとしているのか、そしては昨晩遅くまでいろいろレコードチェックしていた本日のSELECTOR、EMMAが何をかけるのか?今日の内容が楽しみで仕方ない。ダンスミュージックの現場は作り手と受け取る側が同時に共存して今まで存在しなかった時間を作り出す場所だ。だから今晩は自分たちで自分たちの幸せな時間を作りに行くんだと思っている。
やっぱり、POWER OF MUSIC だね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9