TEAL BLOG

2018年6月22日 /

PRAY FOR KURA

SWEETEST DAY OF MAYのシンガーJANICE ROBINSONの長女KURAさんが脳の病気のために両眼の手術をしています。本日、左目が終わり、問題なければ右目の手術を月曜日に行います。脳内に体液が異常に増えて眼球を圧迫しているため異常な頭痛を訴えていたのですが、この手術の結果によっては両眼、または片目の視力を失う可能性がかなり高いと言われています.。アメリカの場合、手術にはとんでもなく高い金額が 必要になります。私の知っているJANICEは、ダンスフロアでのアンセムを歌うDIVAでもありますが、2人の子供を持つシングルマザーでもあります。現在、基本の生計は学校の音楽の先生をして立てています。でも、5/30にこの救急病院に来てからずつとこの病棟に下の娘と泊まり込んでいる彼女の場合、もちろんその後仕事に復帰できるかもしれませんが、いろんな意味で余裕があるとは思えないわけです。もちろんシングルマザーでも裕福な方は沢山います。しかし、今一番の心配は、お金もそうですが、大変な時だから一緒に頑張って乗り切るよって言ってくれる相方がいないということなのです。彼女の場合、両親も既に他界しています。私は1999から2014までDJ EMMAのマネージメントをやらせて頂いたおかげで彼女と出会いました。SWEETEST DAY OF MAYという曲をEMMAくんが絶妙なタイミングでプレイし続け、ダンスフロアのアンセムとなり、日本では時代を超えての大ヒット曲となりました。最初のイタリアのレーベルから出ていた時は名前は書かれていても彼女は著作権から外されていました。まず最初はこの曲を何とかしてEMMAHOUSE10という記念版にライセンスしたくて、なんとか辿った権利の連絡先(イタリアね)に毎日電話し続けました。AVEXの担当さんもお手上げなくらい連絡がこないからもう無理だねってなったんだけども、いや、この曲入れないと意味ないでしょうってことで。まだiPhoneもfacebookもない時代だから、普通にとにかく電話です。週末かかる時は時差もあるので、YELLOWの事務所からも電話させてもらったなー。で、やっと1週間後くらいに担当者とつながり、今すぐ流すFAXにサインしてちょーだい!って言って無事コンパイル(祝)。でもJANICE本人はどこにいるのか全くわからず、その後も今のCONACTのYUKOちゃん経由でいろんな国のDJに聞き回り、あるDJがこう言っていたよ、とかそんな少しの情報をたどり寄せてやっとJANICEを見つけました。で、東京でみんなJANICEのLIVEのSWEETEST DAY OF MAYを聴かせたいから来て!ということで日本に来たのでした。そこからも、寒くて体調悪くなって声が出なくなった事件とか、色んなことを一緒に乗り越えてきたJANICE。何度この曲がプレイされる5月のダンスフロアを待ちわびた?って。そして先月はVISIONにてあんなに最高のパフォーマンスを見せて自信に溢れていた彼女を見ているので、とにかく心配でならないです。皆さんの中にもJANICEの曲を好きな人、どこかに寄付したかった人、などなどいらっしゃれば是非、このKURAさんのファウンドに少額でも良いのでドネーション宜しくお願いします。JANICEはインスタ、FBでも頻繁に情報をアップロードしています。見かけた時にI LOVE YOUとか、PRAY FOR KURAとか、ハートマークとか、何か一声かけてあげてください。めちゃくちゃサポートになると思います。ぜひ、宜しくお願いします。

                                                                                                                                    TEAL 代表 AKIKO USUKI

FB 

INSTAGRAM

30499308_1529632770883728_r.jpg

Dance Diva Daughter Fights Blindness